約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ネパールの味。

ネパール旅日記を書こうと思いながらも、いつの間にか寝てしまっています。
昨日の日記も、途中で終わってました。

旅の疲れがまだとれてないみたい。

ので、旅のことは、週末にでもゆっくり書こうと思います。







今日ものんびり活動。


午前中は、いつもの、週1の看護部長さんとの話し合い。
やっぱり、11日か12日に、私がこないだ病棟で発表した、自分が働いていたICUのことについて、を発表しなきゃならないらしい。

というわけで、みんなの前になるので、間違いがないように修正を。

でもなにせ、スライドが20枚はあるので、部長さん、途中で疲れたみたいで、今日は途中で終わり。
また明日もやることに。





病棟に戻ってお昼。

今日は久しぶりにごはんを持っていきました。

思い立って昨日作った酢豚。
のような、酢鶏。

豚が食べれない人がいるので、鶏肉に。



どんな反応かと思ったら、やっぱり、料理に砂糖を入れるのはありえないらしく、「砂糖が入ってなかったら…」と言われました。

でもね、酢だけだったら、すっぱいだけだと思うんだよね。


たまに作って持ってくる料理が、今日のような中華料理だったり、カレーだったりと、日本食以外のものが多いので、「どこで習うの?」と聞かれました。


「どこで?って…」


日本では、当たり前のように日本食以外のものも食べてるけど、ここでは違うんだよね。
日本で当たり前のように食べていたけど、そうではないんだなぁと改めて実感。
ウズの人は、大抵、ウズのものしか食べないから。
知らないってのもあるだろうし、知っていても、なかなか手を出さない気がする。


なんでも受け入れて、日本の味に変えてしまう日本てすごいなぁ、と思いました。


「日本は、日本食だけじゃなくって、いろんな国からきた料理を食べてるよ。家でもそうだから、料理は母から教わった」って言ったら、


「ふーん」と、なんか不思議そうな顔をしていました。






そういえば、ネパールに行ったこと、昨日話してしまったので、買ってきたお菓子も持ってきました。

ひとつは、ココナッツクッキー。
d0195041_372077.jpg

ネパールの子が好きだと言って、くれたお菓子。
私も気に入ったので、いくつか買ってきました。

さくさく感と、こうばしさ。
どちらもウズにはない感じ。

こちらは好評でした。


もっと買ってくればよかったなぁ。





もうひとつは、ラプシキャンディ。
d0195041_373943.jpg

d0195041_375669.jpg

ラプシっていう実から作ったキャンディ。
でも、柔らかいから、グミみたいなかんじ。
ネパールのGにもらって食べたら、はまっちゃって、たくさん買ってきました。


反応は…


「これ、キャンディじゃないよ。食べたことがある味」と。




結果は、干しブドウ、ということらしい。





若い子は食べてたけど、ちょっと年上のおばちゃんは、「う~ん」って感じの顔をしてました。






インドまでは知っていても、そのお隣にネパールという国があることを知らないウズの人たちが、初めて食べる、ネパールの味。

なんか面白いなぁと思いました。
[PR]
by woody_bullseye | 2012-05-04 03:00 | 派遣1年目 活動のこと | Comments(0)