約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ヌラタでユルタinナボイ。 (ふりかえり日記)

13日の夜から、16日の朝まで、ナボイという街に行ってきました。

目的は、水遊び。
前回の湖に行ったときも思ったんだけど、まさかここに来て、水着を着ることになるとは思ってもいませんでした。



13日の夜、夜行列車でナボイへ。
翌朝、ミニバスでサルミッシュというところへ。


ここで
d0195041_0365521.jpg


岩絵を見ました。
d0195041_036631.jpg


ラクダの絵がたくさんありました。

d0195041_0362887.jpg

これは何かわからないけど・・・





その後、ヌラタへ行く途中、昼食。

d0195041_0372473.jpg

コゾンケバブ、という、釜で焼いた羊の肉を食べました。

羊の肉って、くせがあるんだけど、これはまったくくせがなくって、すっっっごくおいしかったです。




満腹の後は、いよいよ湖。
アイダルクル(クル、がウズ語で湖)



d0195041_0374431.jpg

遠目からみたら、まるで海みたいでした。

d0195041_038645.jpg

水はきれいで、浅いところは水温は暖かく、足がつかないくらい深いところもあって、深いところは冷たくて気持ち良かったです。



d0195041_0382070.jpg

湖だけど、若干塩水でした。
砂浜を見ると、水が乾燥して、白くなっているところがあって、ちょこっと舐めてみたら、塩でした。





水浴び後は、ラクダ乗り。
d0195041_0384040.jpg



10分くらいなんだけど、楽しかったです。



この子が先導してくれました。
d0195041_0385226.jpg



オタベック、っていったかな。



夕食前は、夕日鑑賞。
d0195041_0392138.jpg




夕飯後は、星鑑賞。



砂漠にねっころがって観る星空は本当にきれいでした。



流れ星も何回も見ることができました。



星の数はとってもとってもたくさんでした。でも、なんか違う。






ウズに来てから、初めて、星空に感動したのが、シャワットという街で、そこで見た星の数は、ヌラタほどじゃなかった気がするのに、とってもきれいだったんです。




よくよく考えてみたら、輝きが違いました。


なんともうまく表現できないんだけど、ヌラタの星は、ちろちろしてなかったんです。
シャワットの星は、ちろちろ輝いてたのに。(きらきら?でもなく、私の中ではちろちろって感じ)




星の数はたくさんだったんだけどなぁ。





星の撮り方はまだよく知らないので、せっかくなのに、写真がありません…。






散々夜更かししたのに、朝は4:30に起きて、朝日鑑賞。
d0195041_0402521.jpg



なっかなか日が昇らなくって、寒いしお腹は空くしで、まだかなぁ、まだかなぁ、って思いながら待っていたからか、とっても素敵な朝日を観ることができました。





そんな朝日の前で、みんなで太陽のポーズ。
d0195041_0405187.jpg








朝日をたっぷり楽しんだあとは、この日も湖へ。








ほんと、楽しかったです。



総勢で13名もいたから、修学旅行みたいでした。





この旅、今回企画してくれたのは、同期のKくん。
人数も多かったし、きっといろいろ大変だったと思うけど、おかげで楽しい旅でした。


Kくん、ありがとう、おつかれさま!
[PR]
by woody_bullseye | 2012-07-13 05:07 | 派遣2年目 旅 | Comments(0)