約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

弁論大会。

今日はウズベキスタン日本語弁論大会の日でした。


前にサマルカンドの弁論大会で上位3人だった子たちも出場するので、見に行きました。


d0195041_23381035.jpg

きっとまたあれからいっぱい練習したんだろうなぁって伝わってくる弁論でした。





で、結果は、1位、6位、特別賞と、すごいことに。





1位に選ばれたときの同期隊員の嬉しそうな顔ったら。


でもそうだよね、教え子がみんな賞をとることができて、しかも1番とれたんだもんねぇ。

こんな嬉しいことってないよねぇ。




もう一人の同期隊員の教え子も、日本語を学習してからまだ2か月にも関わらず、しっかり最後まで弁論してました。
きっと、緊張したんだろうなぁ、その子もAちゃんも。




今日を迎えるまで、学生さんたちも大変だったけど、この大会を準備する先生たちもまた、とっても大変だったと思います。

U、Aちゃん、お疲れさま!









今、日本語学習者は1500人くらいって言ってたかな。

そして、こうやって弁論大会に出て、優秀な成績をおさめるんだけど、それを活かす機会がないのが残念なところ。


でも、それでも、日本語という言語を選んで、私たち日本人を見つけては楽しそうにしゃべりかけてくれる学生さんたちをみると、とても嬉しく思います。







最後に。

これは、弁論が終わって審査員たちが審査をしている空いている時間に行われたもの。
歌を歌ったり、劇をしたりとさまざまですが、今日私が弁論大会を見に行ったもうひとつの目的がこれでした。




d0195041_23412513.jpg


d0195041_23415340.jpg

イカ踊り。

これもまた、別の同期隊員が生徒さんたちに教えた踊り。
函館では有名らしいです。

かわいかったし楽しかった!


この手の踊りは、ソーラン節が、隊員のいる各地でウズの人たちに教えて踊っていたけど、これからいか踊りも流行るかな。


興味のある方はぜひこちらもご覧ください↓

☆「いか踊り」を踊ろう!
http://www.hakobura.jp/deep/2011/07/post-175.html
[PR]
by woody_bullseye | 2013-03-24 23:46 | 派遣2年目 日々のできごと | Comments(0)