約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ついに30に。

誕生日の昨日は、福島の南相馬市にいました。

以前に日記に書いた、手紙とプレゼントを届けるという活動をしている方のお手伝いに。


金曜の夜行バスで東京から出発し、翌朝方福島に到着。
その後、バスを使って南相馬市へ行きました。

土曜日、ある仮設住宅を1件1件、まわり、お話を伺ってきました。
どんな活動なのかは、このブログを見ていただければわかります。
http://ameblo.jp/mattyo1224/entry-11745573200.html


日曜日、午前中、津波後の海岸に近いところを、一緒にいった方達に案内してもらいました。


近くまで歩いていると、海の音が聞こえてきました。
堤防を登って、見た海。

d0195041_16404439.jpg
そういえば、日本に帰ってきて見た、最初の海でした。
ウズベキスタンは、海がないから。
久しぶりの海でした。


その後、また仮設住宅を回り、お話を伺ってきました。


終わって他の仮設住宅にも行きました。
一緒に行ったお二人が、顔なじみの人に挨拶に行きたい、ということで、一緒に行かせてもらいました。


そこで、同じ医療職の方に出逢いました。
少し、お話をさせていただきました。

その後、もうひとつの仮設住宅へお邪魔しました。
そこは、前に、ウルゲンチの隊員が活動している学校の生徒さんが手紙を送ったところでした。
帰ったら会いたいと思っていて、ようやく、お会いすることができました。


夕方、バスにのり、福島へ戻り、その後帰りは新幹線で帰ってきました。


2日間と短い期間でしたが、なんともいえない、とってもとっても貴重な2日間でした。
ここで感じたこと、考えたこと、たくさんたくさんありすぎて、まだ気持ちが整理できていないので、今はこれだけ。

でも言えることは、行って良かったということ。
まずは、この活動をされている方にお会いでき、とっても嬉しかったです。ありがとうございました。
そして、南相馬市で、また逢いたいと思う人に、また来てね、と行ってくれる方々に出逢うことも出来ました。
また、逢いに行きたいです。




とても貴重な、大切な、誕生日を過ごすことが出来ました。


整理できていない頭の中で、今日、郵便が届きました。
ウズ隊員からの誕生日のメッセージカードでした。
d0195041_16404808.jpg
ありがとう。
とっても嬉しかった。


ちゃんといろいろ気持ち整理して、前向いて、進んできます!





[PR]
by woody_bullseye | 2014-01-27 16:46 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)