約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

岐阜でウズ祭り。

先週末、岐阜へ行ってきました。

岐阜には、同期隊員Hさんが住んでいて、彼は高校の先生をしています。


まずは、彼の働く高校の定時制の生徒さんたちに、お話をしました。

1年生から4年生までの全員、100人弱の生徒さんたちに。


あらかじめ言われたのは、協力隊に参加しようと思ったきっかけから、活動中に感じたこと、今後の進路について、など。

いやぁ、難しかったです。

15分くらいで伝えたいことを伝えるには、ちゃんと自分の頭が整理できてないと、だめですねぇ。
自分の頭の中がまだ整理できてないってことがよくわかりました。


それでも、みんな静かに聞いてくれて、ありがとうございました。



翌日、岐阜のとある古民家で、ウズベキスタンの紹介をするためのイベントを行いました。

まずは、ウズで隊員それぞれが買ってきたお土産や頂いたもの、そして、撮った写真を展示。
夜には、ドゥタールを習った隊員が集まり、演奏会をしました。合間合間に、ウズの結婚式や料理、音楽、伝統工芸…、なども紹介。


展示物については、古民家がとっても素敵で、展示物たちがとても素敵に見えました。
みんなが持ち寄ると、こんなに集って、まるで博物館のようでもありました。
d0195041_22412204.jpg
d0195041_22412253.jpg
d0195041_22412288.jpg
d0195041_22412266.jpg
d0195041_22412253.jpg

d0195041_22412283.jpg
d0195041_22412206.jpg
d0195041_22412262.jpg
d0195041_22412250.jpg
d0195041_22490108.jpg
d0195041_22480880.jpg
d0195041_22480827.jpg
写真は、カメラ好きの同期がとったものが多く、引き伸ばすとまたキレイに見えました。
引き伸ばした時に、また一眼の良さがわかりますね。


そして夜はドゥタール

皆、違う地域から来ているので、前練習はあまりなく、ちょっとぐだぐだなところもありましたが、お客さんはみなさん最後まで聴いてくれ、うれしかったです。

人に聴かせられるためには、もっと練習しなくっちゃ、ですね。


その後、来てくれたお客さんと夕食。
いろんな職種の方が来ていて、話がはずみました。



初日も次の日も、Hさんのお家でみんなでお泊り。
前に帰国された先輩隊員と会うのは本当に久しぶりで、懐かしくて、とっても楽しい時間でした。







[PR]
by woody_bullseye | 2014-02-05 23:05 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)