約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新しい生活。

職場も新しいところだけど、生活する場所も新しいところ。


新しい土地は、良いところです。


ここに就職を決めたとき、この病院で働きたいと思えるような人に出逢ったこともそうだけど、ここの人たちの温かい優しさにふれ、ここに住みたいとも思ったんです。


住みたいと思える場所、働きたいと思える職場、同時に見つけることができて、ラッキーです、私。



静岡と同じようにのんびりした感じだけど、田舎な感じだけど、同じ田舎でも、土地が変われば、いろいろ違うんですね。




まず景色。

山も田んぼもあるけど、田んぼの一反がとっても大きくて、山は、うちの実家のように迫るように近くにはない。

平地も多いから広々してるんです。


同じような野菜がとれるけど、見たことないのもありました。

近くに農協があって、地元の野菜がたくさん並んでいて、面白いです。

うるい、という野菜。
茹でたらちょっとぬるっとしてて、ぬるぬるな食べ物が好きな私には嬉しい野菜でした。
で、今日もあるかなぁ、と思って行ったらなくって…。残念でした。


ただ、山でとれるもの、山菜類は、まだ線量が多いそうで。

いつかね、また食べれるようになったらいいなぁ。




魚も、静岡とはまた違うものがおいてありました。


食べてみたのは、ほや。

さばき方がわからないので、お店の人にやってもらいました。


と、昨日はほうぼうって魚の刺身を食べました。

歯ごたえがあっておいしかったです。




のどかなところだけど、チャリで行ける範囲に、生活に必要なものはそろっていて、新居も快適だし、今のところ、言うことないです。


静岡に比べてまだ暑くないので、歩いたり、自転車でどっか散策するのに良い季節です。



良い季節に引っ越しができました。
[PR]
by woody_bullseye | 2014-05-11 17:46 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)