約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

私がここに住む理由

友だちに、Sさんのブログに私のことが書いてあるよー、と言われ、見に行きました。


思わず、涙が出てきてしまいました。


それが何の涙だったのか…






Sさんと出会ったのは、とあるライブハウス



ブログを読みながら、いろんなことを思い出しました。






前に私はブログに、

美味しいごはんは、何を食べるのかではなくて、誰と食べるか、だなぁ、って書いたけど、住むところもそうだなぁってつくづく思います。


帰国してから、どこで何をするか、なーんにも決まってなくて、でも、ここに来た時、あ!ここに住もう!と思ったんです。
やっと落ち着く場所を決めた感じがしました。


あまり深く考えず、自分が選んだ直感を信じて住み始めたこの街。

でも、子どもを産んだ今、考えることもあります。

確かに、ここにいることで、他の地域に住むことより、リスクをひとつ多く背負っているのかもしれない。


けれど、それ以上のものがここにあるんです。うまく言えないけど


それに、不安に思うことがあっても、気にしすぎて、思い悩んで、それがストレスになったり、そんな感情のまま、子どもに接したって良いことはないと思います。

ここに住むって決めた以上、そのリスク以上に、ここに住んでてよかった、ここで育って良かったぁっ、って子どもが思えるように、のびのび楽しく育てていきたいです。

暖かく優しい人たちがたくさんいるこの街で、私の大好きな家族と。

どこに住むか、じゃなくて、誰と住むか、誰と一緒にいるか、って大事ですね。


でも、地元に帰っても、私を育ててくれた両親がいて、一緒に育った兄弟いて、友だちがいる。

そして、私のことを書いてくれたSさんも。
暖かく、優しく、ステキな笑顔のSさん。


思わず出た涙は、嬉し涙ですね。

ありがとう、Sさん


私は今、とっても幸せです。

[PR]
by woody_bullseye | 2016-02-18 19:39 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)