約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:訓練終わって、ウズへ行くまで( 5 )

いってきます。

みなさま、本当にありがとうございました。


今日は、成田空港近くのホテルに泊まって、明日出発です。



明日から、どうなることやら。



全然わかりませんが、いつでも前向きに、そして、いつものようにたくさんごはんを食べて、でもぼちぼち、やっていきたいと思います。





いってきます!!
[PR]
by woody_bullseye | 2011-06-19 23:33 | 訓練終わって、ウズへ行くまで | Comments(1)

いよいよ。

なんとか、荷物、つめました。



昨日、県の表敬訪問の後、壮行会があって、そこで、ウズベキスタンへ日本語教師として行かれていたMさんとお会いしました。
訓練前にも一度お会いしていたので、これで2回目。


派遣前にまた会えるなんて思ってなかったから、とっても嬉しかったです。


Mさんに、荷物のこと、いろいろ聞いたら、タシケントは何でもあるから、そんなに要らないよ、って言われました。
だから、もう一回スーツケースの中身、見直したんだけど、それでもぎりぎり。

ウズは30㎏までOKなのですが、あたしは三線を持っていきたくって、それがハードケース込で約5㎏もあるのです。
で、スーツケースが6㎏あるから、実質19㎏までしか入りません。。



入れちゃぁ出しちゃぁを繰り返し、なんとかぎりぎり30㎏に収まりました。



同じく、三線を持っていく、Gちゃんに、三線いれると余裕なくない??って聞いたら、Gちゃんはなんと、三線を入れても25㎏くらいだそうで。。


あたし、何が余分なんだろう…




ま、でもどうにかぎりぎりおさまったので、いいにします。







そうそう、その壮行会で、Mさんから、ウズのこと、いろいろ聞くことができました。

一番おもしろかったのが、看護師ってхамшира(ハムシーラ)って教わってたんだけど、そんな言葉は使わないそうで。ロシア語を使うみたいです。
友達とかとお別れするとき、またね、みたいな意味で、 киршгунча(クルシグンチャ)って習っていて、訓練中も今も、よく使っていたのに、それも使わないみたい。

ハムシーラなんていったら、笑われちゃうみたいだけど、それも逆に面白くっていいかも、と思いました。








訓練が終わってから、今までお世話になった人に、といろんな人に会ってきました。時間の都合上、全員とは会えなかったけど。

そして、携帯も解約してしまうので、会えないひとはメールで。




みんな、応援してくれることが、とってもとってもありがたいです。
いつかの日記にも書いたけど、本当に感謝で胸がいっぱいです。



今まで出逢った方たち、みんなに感謝です。




ありがとう。














20日、成田空港を12:30に出発し、韓国経由で21時にウズベキスタンへ着く予定です。
午前中に集合なので、明日、空港近くに前泊します。

というわけで、19日には携帯を解約すると思います。


出発前、これが最後のブログになるのかな。
明日もできたら書きたいけど。




日本で、実家で書く最後の日記。

て、考えるとちょっとなんだかさみしい感じ。
でもないな。実感がないや。







今日は、最後の夜だから、と、母がとろろを作ってくれました。
私はとろろが大好きで、これが出ると、ついついいつも以上に食べ過ぎてしまいます。

今日もいつものように、食べ過ぎてしまいました
d0195041_21553064.jpg






今、私が日記を書いてる横で、母はテレビを見ています。

父はいつも早寝なので、もう寝ています。


姉も、子どもと一緒に寝てます。



そんな日常と、しばらくお別れです。






今日はまた、いちだんと、まとまりのない日記。。


ま、いいか。
[PR]
by woody_bullseye | 2011-06-18 21:55 | 訓練終わって、ウズへ行くまで | Comments(6)

どうしましょ。

荷造りも終わらないけど、会いたい人にはちゃんとあいさつしなくちゃ、と思うと、時間がありません。。


昨日はおばあちゃんに会ってきました。
ことし86歳になります。

私が2年行く間、心配なのはおばあちゃんだけ。
元気でいてくれること、願うばかりです。


いまだに、ウズベキスタン、いまいち理解してなくって、なぜかアメリカと勘違いしていたけど、でも、私が帰ってくるまで、元気でいられるよう、頑張る、って言ってくれました。


私が帰ってくるまで、といわず、ずっとずっと元気でいてほしいけどね。




2年後、またおばあちゃんと、また笑顔で会えることを楽しみにしてます。











そして今日は市の表敬訪問に行ってきました。

同じ市の人は私含め3人。
たいして日はたってないけど、とっても懐かしく、久しぶりなかんじでした。

市長さんとは和やかに話をし、一人が、一緒に写真をとりたい、って言ったから、私もちゃっかりとってもらっちゃいました。

で、地元の新聞記者さんも来ていて、市長さんとの話が終わったあとに、取材?なのかな、話を聴きました。
もしかしたら、明日の新聞に載るかも、って。








明日は県の表敬訪問です。

そして、そのあと壮行会。
ウズベキスタンへ行ったOBの方も来るみたいなので、いろいろお話聴いてこようと思います。






あぁ、そして荷造り荷造り。

今日衝撃の事実が発覚。

三線をもっていくつもりだったのですが、今日初めて重さを量ったら、ハードケース込みでなんと5㎏。

三線は、手荷物じゃ持っていけなくって、スーツケースと同じような扱いになります。
全部で30㎏まで。

あぁ、三線があるから、スーツケースの方は25㎏までしか入らないってことだよね。




途方に暮れるばかりです。


でも詰めるしかないので、どうにか詰めてみます。

無理なのは、もう後で送るしかないけど。
着くのが1か月後とかだからね。



とりあえず、今日はおやすみさない。
[PR]
by woody_bullseye | 2011-06-17 02:11 | 訓練終わって、ウズへ行くまで | Comments(0)
бугн ўн иккинчи Йюнб,якшанба

Биринчи,кечада нарса ёздим.
Кеча жуда жуда яхши куни эди.Мен одатда борган "UHU"номли ”LIVE HOUSE”га
борадим.Ўзок вакт мен буердага бормайиан.Шунинг учун мен озгина ҳаяажондаётган эди.Лекин бирдан кизкарли бўлдим.
Кеча буерда кўп одамлар ҳар ҳил кўшиқлар айтди.

Ушаичда "Тенкиюохо"номли кўшиқлар айтган одам бор эди.У "бу кўшқ сиз учун айтдим"деб айтди.
Ва "ҳаракат қилмаса ҳам яхши"деб айтди.

Мен ушадай айтган дустлар борлиги учун мен ҳаракат қилаоламан,деб уйлайман.




頑張らなくてもいいんだよ


そう言ってくれる人がいるから、私は頑張れるのだと思います。


ほんとうにたくさんの人に支えられて、私は生きてきたんだなぁ、ってしみじみ感じました。



昨日は、本当に良い日でした。
久しぶりに行ったUHUで、とっても素敵な時間を過ごせました。


あの場所に出逢えたこと、その場所でいろんな人に出逢えたこと、私は忘れません。




語学授業の最後に、ウズベクの名前を先生につけてもらいました。

Насиба(ナシバ)

何でももらうし、もらえる、恵まれてるって意味だそうです。


素敵な名前をありがとうございました。

いろんな人からもらったものに感謝をしながら、生きていきたいです。





もうひとつ。
Бугун мен сартарошхонасида сочим олдирди.
Жуда кўп сочим олдиргани учун мен маймундайга бўлдим.
Лекин мен сочим олдириш дан олдин жуда мазза.
Мен Ўзбекистонга боргаимда уерда сартарошхонага боришни хохлайман.


今日は美容院へ、髪を切りに行きました。
たくさん切られたので、私はさるのようになりました。
でも、髪を切られた後は、とっても気持ち良かったです。
ウズベキスタンへ行ったとき、そこの美容院へ行きたいな。
[PR]
by woody_bullseye | 2011-06-12 23:00 | 訓練終わって、ウズへ行くまで | Comments(9)

帰ってきました。

訓練が終わって、二日たちました。
まだ二日、でももう二日。。

あの2か月のことが、もう懐かしく感じます。




Мен КТСда жуда кўп нарсаларни ўқидим.Бу факфт Ўзбектили эмас.
Мен буерда жуда кўп одамлар билан учлашдим.ёш ҳам касби ҳам яшаётган жой хам ўйланган нарсалар ҳам умуман бошкача эди.

Ушадай одамлар билан тахминан икки ой яшаб ҳар хил нарсалар гапирашдим.
Масаран касби ҳакида,муҳаббат Ҳакида,ҳаёт Ҳакида ва орзи ҳакида...
Бу жуда кўп кўп борлиги учун буерда хамма ёзаоламайман.

Мен КТСда турмушни аник эси дан чикмайман.Эси дан чикаолмайман.

Бугун жуда жуда хафа эда.
Лекин мен яана аниқ улар билан учаоламан,деб ишоняпман.

Агар мен улар билан учлашсам,мен табассуда учлашмокчиман.
Шунинг учун мен Ўзвекистонда хамширалик бўлиш харакат килгим келяпти.




9日は、家に帰る前に、後輩に会ってきました。
久しぶりで楽しかったのに、なぜか、駒ケ根に、みんなに会いたくなってしまいました。


ホームシックってやつでしょうか?







10日は、同期と岐阜の下呂温泉に行ってきました。
そこには、合掌造りという茅葺?の家がありました。
そこでは、影絵をやっっていたり、尺八を吹いてくれる人がいたりしました。
草履を作っている人もいて、ウズベキスタンに持ってく時にいいかも、と思って、一足買ってみました。室内履きにちょうどいい、ということで、自分の分も買ってみました。


その友達に久しぶりに会ったら、ほっとしました。

бугун энг яакин урток билан учлашдим.
У касбдошим еди.У турмушга чикгандан кейин Сизокадан Осакага борди.

Биз Гифдаги Геро онсен номили жойга бордик.

Биз гелога етиб боргандан кейин биринчи "Гашшоно сато"га бордик.
гашшоно сатода кадими уйилур бор еди.

Айтганча Хацуо гифда яшайди деб айтдиар екан.


Уйи ичда "Варази"ни ясаётган бобо бор эди.

Мен ўзвекистонга борганимда совга бериш учун варвзини сотиб оладим.


Бундан кейин қундуз соат 12 яаримда биз тушлик килдик.
Биз Японя овкатлар ейдим.

Жуда мазали эди.


Биз тушлик килгандан кейин оисенга бордик.

жуда мазза эди.


Жуда қизкарли вақт тезрок ўтди.





せっかくだから、語学の勉強のために、訓練が終わっても、いつもの日記ノートにウズベク語で日記を書いています。一部をここに書いてみました。

もう、イルホンからコメントをもらうことはないけど。。




今日は、弟家族がきて、昼ごはんを一緒に食べました。
弟の妻が明日、出産予定です。訓練前よりだいぶお腹が大きくなってました。

会えるかな?行くまでに、一度は会いたいな。




今日はこれから、ライブに行ってきます。
私が働き始めてから、お世話になっているライブハウスへ


最近はあまり行くことがなくなってしまったけど、ここでも、いろんな人に出逢うことができて、音楽の楽しさを教えてもらいました。

ウズへ行く前にあいさつに行ってこようと思います。



d0195041_16175922.jpg

[PR]
by woody_bullseye | 2011-06-11 16:18 | 訓練終わって、ウズへ行くまで | Comments(2)