約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

その一歩が…

一歩踏み出すのって恐い。


前に書いた悩みを解決しなくてはいけないときがきていて



自分の気持ちはもうほぼ決まったのだけれど、




一歩は踏み出したんだけど、あともう一歩進まなくては。
[PR]
by woody_bullseye | 2010-12-30 19:48 | 訓練前 日々のできごと | Comments(0)

そろそろ。

実家に帰ってきて、1ヶ月近くたった。


楽だけど、不自由。



一人って何て自由だったんだろう、って思う。本当に。

誰に何言われるわけでもなく、好きなときに好きなことができる。


一番不都合なのが、飲みに行くことかな。今までは徒歩圏内だったのに、飲みに行くために電車にのらなきゃいけないし、帰りの電車の時間とか気にしないといけないし。



今も自由にやってるんだけどね。何か違う。




でもそれ以上に、何もしなくなってしまって。


料理とか、洗濯とか。

夜勤明けを言い訳に、逃げてしまう。



親孝行らしいこと、何にもしてこなかったから、せめて、日本にいる間に何かしたい、って思ってたけど、逆に今親に甘えちゃっています。





こんなんで、ウズベキスタンに行って、ちゃんと生活できるのか??



そろそろ、生活を改めなければ、とおもうこの頃です。






そうそう、今日、甥っ子のクリスマスのお遊戯会?を見に行ってきました。


イエスキリストの誕生についての劇。


3歳になった甥っ子は、羊の役。メーメーと鳴きながら、歌うんだけど、あたしを見つけて、手をふりまくり。


劇の途中なのにね。


その後も落ち着きなくとなりの子へちょっかいだしたりしてました。



でもね、一生懸命歌うんだよね。メーメーとしか言わないのに、一生懸命言うんだよね。






子供の一生懸命な姿っていいね。





それ見てたら、あたしも頑張んなきゃなぁなんて、思ったもんだから、今日こんな日記になったのでした。
[PR]
by woody_bullseye | 2010-12-20 16:39 | 訓練前 日々のできごと | Comments(0)

悩んだときは、

人に話すのがいいね。

ま、答えをどうするかは、最後は自分で決めるんだけど。
人に話すことで、自分の頭の中が整理された気がします。


あたしのしょうもない、でも人生最大的な悩みを、最後までじっと聞いてくれた友達に感謝です。



まだ答えは出ていないんだけどね。
[PR]
by woody_bullseye | 2010-12-08 20:11 | 訓練前 日々のできごと | Comments(0)

意外にいるんだなぁ。

「あたしも行きたいって思ってたんだぁ」



「すごい。うらやましい。」


あたしがウズベキスタンに行くことを話すと、この言葉をよく聞く。


最近、前にいた病棟の先輩と話す機会があって、その先輩もずっと行きたくって、ひそかに英会話を習っていたりしたみたい。


自分が思っている以上に、青年海外協力隊ってものは、みんな興味があったりするんだなぁって、意外に思ったり。



でも、あまり人に話しても、もし、語学研修で挫折したら…、もしかしたら、あたしいけないかもしれないのに…





なんて、人に話しながら、最近弱気な自分がいます。



あたしでいいのかなぁ。


行きたい気持ちはいっぱいあるのに、不安な気持ちもだんだんふくれてきてしまいました。





だから、今日は、あのときの気持ちを思い出すために、1次試験のことでも書いてみようかと。






1次試験。


試験、って言っても、応募した動機とかを書いた書類と健康診断だけだから、ほんとうにそれで決まってしまうのかと思うと、何をどうかこうか、ずいぶん悩みました。




健康診断に関しては、何も心配はなかったけど。
予防接種をしてもしなくても、インフルエンザにかかったことはないし、ただの風邪さえ、ここ何年か引いてない。ていうか、最後がいつだったかも覚えてないくらい。


丈夫な体に育ててくれた両親に感謝しなくっちゃ。





その他に関しは、その時は、看護研究の真っ最中のときでもあったから、書類に書いたことは、ずいぶん熱かった気がします。研究中、毎日のように、看護について熱く語ってたから。



職業別問題と言うのもあって、4つくらいある中でひとつを選んで書くものでした。

「ICUまたは、救命救急センターにおける術後合併症予防や早期回復促進への援助」というのを選びました。

ちょうど、ICUにおけるせん妄患者について、研究をしていたので、せん妄になることも、早期回復を妨げることになるから、せん妄について、長々と書いてしまいました。




書類を作るのには、プレエントリーというものがあったから、パソコンでそれを何度も書き直し、たしかそれを印刷してエントリーもできたけど、最後は手書きで書類に書いて、応募することにしました。
最近、何かって言うと提出するものはほとんどパソコンで作るから、手書きなんて久しぶりで、手が疲れてしまいました。



なぜ自分が青年海外協力隊として海外へ行きたいと思ったのか、それを考えることによって、自分をみつめなおすことができました。




たしか、締め切りぎりぎりでした。

間に合えばま、いっか。



そう思って、ポストへ投函しました。






あれからもずいぶん月日がたったけど、あのときの勢いを保つことがなかなかできない。




語学の勉強も最近すすまないし。




何かいてるかよくわからなくなったので、今日はこのへんで。
[PR]
by woody_bullseye | 2010-12-04 21:13 | 訓練前 日々のできごと | Comments(2)