約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ホラズムでのメフモン。

医療キャラバンのついでに、会いたい人とも会って来ました。



前にうちの病棟で手術をした患者さん

の旦那さんが

ウルゲンチの看護師隊員Aみんの働いている医師と友達、


というなんとも偶然なつながりから、ずっとメフモンに呼びたいって言われてたんです。



今日はやっと機会に恵まれて会うことができました。


d0195041_155956100.jpg

元気そうで何よりでした☆





そして、その日は、彼らによるヒバめぐり


日本人は、私たち隊員7人、

そしてウズ人も
患者さん、その旦那さんの友達と弟子、
Aみんと働いている医師、その先輩にあたる医師、運転手さん、という7人。


まずは昼食。

メフモンがくるといつもここに行くそうです。


砂漠の中にある湖の上にあるレストラン。
d0195041_1611589.jpg

湖でとれた魚の揚げ物がおいしいとうことで
d0195041_1614530.jpg



眺めも良く、魚もおいしく、ウォッカもおいしく(昼間っから何杯飲んだか…)、会話も弾み、


良い時間が過ごせました。



d0195041_1642674.jpg






その後は、クジルクムへ連れてってやる、、と。



どこ?




着いたさきはここ
d0195041_1651489.jpg



10km先は、トルクメニスタン、ということで国境に連れてってもらいました。



広大が砂漠が広がる中、川が流れていて

気持ち良かったです。
d0195041_165498.jpg

d0195041_167133.jpg



そこではしゃぐウズ人たち。
d0195041_1681780.jpg


子どもすぎてかわいすぎて、、





すっかり夕方になったため、イチャンカラはさーっと観て終了。

d0195041_16111988.jpg
d0195041_1695576.jpg

d0195041_16151935.jpg


ここでもやっぱり、はしゃぐウズ人
d0195041_1611494.jpg







本当に楽しませてもらいました。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-30 04:45 | 派遣2年目 旅 | Comments(2)
先週末は、ホラズム地方へ行ってました。

医療キャラバン第2弾のために。


今回は、ウルゲンチの救急医療センターで活動するAみんのところと、ウルゲンチ、ヒバそれぞれの看護学校で開催予定でしたが、初日、飛行機が朝から夜に変更になってしまったため、Aみんのとことではやむおえず中止に…。

Aみん、またやろうね。




で、金曜、土曜と看護学校でやってきました。



内容は、手洗い、歯磨きの二つ、に加えて、ソーラン節、イカ踊り、ドゥタール、浴衣の着付け、と盛り沢山。




9時すぎにつくと、会場はもう人がたくさん。
10時開始なのに、もうほとんどの人が座っていました。



タシケントで3回終えた後なので、緊張もなく、楽しむことが出来ました。

会場はこんなかんじ。
200人を超える学生や先生方が集まりました。
d0195041_15234187.jpg


セミナーは、手洗いも歯磨きも順調に終え、

お祭り

この日も、ドゥタールに合わせて、学生さんたちが一緒に踊ってくれました。
d0195041_15253719.jpg



イカ踊りも大盛況でした。

イカ踊り、Rくんのスムフェルガナから始まり、タシケント、ホレズム、と東から日まで、いまやいろんなところで踊っています。
ウズベキスタンで、イカ踊りがこんなにも踊られているなんて、函館の人は、まさか夢にも思わないでしょうね(笑)



最後は、ウズの音楽に合わせて踊り
やっぱり、ウズの人たちは、踊りが大好きですね。
d0195041_15255134.jpg



写真は、Kくんのをもらったら、また更新したいと思います。




こんなに大勢の前で発表するなんて、日本でもなかったから、自分自身も本当にいい経験になりました。
最後までちゃんと聞いてくれて、聞いてくれた人たち、みんなに感謝です。


そして、ヒバでもウルゲンチでも、セミナーが終わった後のメフモンがすごかった。

ヒバでは、レストランに行き、ごはんを食べ、ウルゲンチでは学校でホレズムスキーのオシュをもてなしてくれました。

学校の先生方も、看護協会の人たちも、みんなやさしくあたたかい人たちばかりで、タシケントとは違って、なんだかとても熱くて、セミナーをやさせてもらいに来ただけなのに、こんなふうに歓迎してくれて、とっても嬉しかったです。





いつかはみんなでやりたいと思っていたこと、年末あたりから話し合いが始まり、ようやく今月、形にすることができました。


タシケントからホラズムでの開催まで、とっても充実した1か月でした。


この医療隊員で一緒にやれて、本当にうれしかったです。

そして、医療隊員に限らず、たくさんの隊員に協力が合ってできたセミナー。

誰一人が欠けても、こんなに充実したキャラバンにはならなかったと思います。



すたきな人たちとめぐりあえ、活動できて、とってもしあわせです。



ありがとうございました。








今回も、カメラマンのKくんがすてきな写真をたくさんとってくれたので、いただいたら、また写真を更新したいと思います。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-30 03:19 | 派遣2年目 活動のこと | Comments(0)
ホレズムでの医療キャラバンも終わり、ひとまず、医療キャラバンは終了。





だいぶ前になっちゃったけど、


タシケントで3日間開催された医療キャラバンから
自分の配属先だけでも書いておきたいと思います。








テーマは「歯磨きの必要性」について


そもそもなんでこのテーマにしたのかというと…。



いろいろなテーマは上がったんです。
毎日病院で働いていたら、疑問に思うこと、改善したいこと、いーっぱいあるから。

でも、ウズだけはありません。看護の世界はどこまで行っても終わりはありません。
日本でも、改善したいこと、良くしたいこと、いつも考えて考えて、話し合っていました。


ただね、ここはまた本当にたくさんあるので、悩みました。


その中で、誰もが共通して、必要だと思っていて、どんな病棟でも、どんな科でも、教えることができること、に絞って考えていたら、これに落ち着きました。





歯磨きの必要性


そんなこと、誰だってわかっているとは思うけど、でも、やらないんです。やっていても少ない。

患者さんに歯磨きしないっていう前に自分すら。

だから、虫歯の人が多いんです。

子どものときから、そりゃあもう。。




日本は、小学校など、子どもの時から歯磨きの教育をしていますよね。

赤い錠剤を使って、歯の磨き残しがないかチェックしたこと、みなさんたぶんあるかと思います。



ウズの歯磨き教育がどんなものなのか、あるいはあるのかどうなのかわからないけど、歯磨きの大切さ、患者さんに歯磨きをすることはもちろんだけど、まずは、自分や家族の健康を守るために歯を磨いてもらいたい、って思って決まりました。





院内全看護師対象、
大きなザルで、120人収容できるとこで、100人近くの看護師さんたちが来てくれました。
d0195041_0473161.jpg

d0195041_0523764.jpg





まずは歯磨きの勉強会

最初は緊張したけど、みんなに問いかける場面もいくつか作っていたりしたから、みんなの反応を見ながらできて、いつの間にか緊張はなくなっていました。
d0195041_053576.jpg

d0195041_054362.jpg

d0195041_055281.jpg



そして、歯を磨かない状態と、磨いた状態で、赤い錠剤を噛んで、汚れチャックをして、歯磨きの効果を見せるところの反応が良くって、見ているこっちが面白かったです。
これは、歯を磨いた後、みんなに赤いところがないか、見せて回っているところ。
d0195041_0553428.jpg





終わって質問がありました。
この赤い錠剤を病院で使う?いつ使うの?って


病院でも使うかもしれないけど、多くは小学校などで、歯の教育をするときに使います。
だから、日本では子供のときからみんな、歯を磨くんですよーって言ったら、ほーー、って感じで聞いてました。





そして後半はお祭り


まずはドゥタール。


2曲弾いたのですが、そのうちのひとつは、アンディジャンポルカ。
これは、ウズの人なら誰でも知っていて、踊りにぴったりな曲。


白衣でみんな踊ってくれました。
d0195041_2365923.jpg

d0195041_2382655.jpg



ドゥタールに合わせて踊ってくれるのが嬉しいですね。
当初はこんなところで、こんなふうに、演奏することができるなんて思ってもいませんでした。
習っててよかったです。




次はイカ踊り
これは、同期Rくんの地元函館の踊り。

なので、Rくんに踊りの説明を、いかの写真とともに説明してもらいました。
d0195041_2394464.jpg


説明の時点でもうイカ踊りにみんなひきつけられてました。

ウズ語でウズ人の笑いをとれる日本人って、なかなかいないんじゃないかなぁ。
Rくん、さすがです。そして、ありがとう。
おかげさまで、本当に楽しかった。



d0195041_2402778.jpg

d0195041_2411057.jpg

みんなで一緒に踊ったから、めっちゃ楽しかった。



次はソーラン節。
d0195041_242615.jpg

練習、したけど、ぐだぐだでしたー。

でもみんな楽しんでもらえたみたいなので、いっか!





あっという間に過ぎていった1時間。






アンケートにはいろんなことが書かれていました。

ありがとう。
これからもちょくちょくプレゼンをしてほしい。
赤い錠剤について知りたい … などなど


中でも、この一言はとっても嬉しかったです。

Рус тилида зор тушунтрамиз яплонлар ўзбекча гапирганга қойи!!!
私たちでもロシア語でも上手に話せないのに、日本人がウズ語を話して感動した。



私たちの気持ち、伝わったんだなぁって。






一回歯磨きの講義をしたところで、みんな歯磨きをするなんてことはないと思います。おそらく。

今回のことはきっかけにすぎなくって、このきっかけをどう生かして、これからの活動をしていくかだと思うんです。


良いきっかけを作ることができたと思います。









医療隊員に限らずいろんな隊員とできたのはもちろんのこと、ウズの人たちとも一緒になって楽しめたセミナーでした。



d0195041_2463098.jpg

[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-30 02:48 | 派遣2年目 活動のこと | Comments(0)

病棟で歯磨き勉強会

火曜日、病棟で勉強会をしました。

内容は、先日医療隊員で、院内全体の看護師向けに行った歯磨きの勉強会。

その日はうちの病棟からはほとんど来てなくって、正直ちょっとへこんでたのですが、後日「来れなくってごめんね。行きたかったんだけど、行けなくって。病棟でやってくれる?」と言われ、やることにしました。


今回は、毎朝のように師長さんが、「火曜日に勉強会するからね」と言ってくれたため、休みの看護師も来てくれて、サニタリカを入れて20名弱の人が集まってくれました。


夜勤だった看護師のうち一人は、早めに帰らなければならなかったみたいで、でも資料を渡したら、自分でその内容を写して、「これ、自分のノートに貼っとくから。ありがとう」と言って帰っていきました。



内容は、難しくはないので、みんな簡単ね、と言いながら、出した質問にも正しい答えが返ってきました。




院内全体でやったときは、120人という大規模で、反応が返ってきても、一人ひとりの様子まではわかりませんでした、が、今回の方は、お互いに話し合いながら、また一人ひとりの表情や様子も見ながらできたので、小規模は小規模なりに良かったです。





いくつかあるスライドの中で、反応のよかったのが、

・虫歯になって、歯茎が解けちゃったような写真をみて、さらにそこからいろんな合併症が起きるんだよ、という説明のところ
→写真にもびっくりしていたけど、そこから合併症がいろいろ起きることに驚いていました。

・口腔内には菌がたっくさんいるのよ、という写真つきの説明
→いることは知っていたらしいけど、こんなにいるとは思わなかったようで、お決まりの「ちっちっちっ」(物事を否定する時や、こんなのありえない!っていうときに舌打ちするんです)がでました。


・挿管患者に対して、看護師が歯磨きをするっていう説明
→挿管してても、やるのねぇ、といった意見がでてました。




で、やっぱりいちばんよかったのが、錠剤を使っての歯磨き実演コーナー。




歯磨きをした後に、赤い錠剤をかんで、歯に赤いとこが残ったら、そこが磨き残しってわかるやつ。




今回は少なかったから、聞いている人たちにやってもらおうと思って、すすめてみたんだけど、渡した資料の、磨き残したっぷりの、あるいは、歯を磨いていないとき、うがいしただけの、真っ赤くなった歯の写真を見て、みんな怖くなっちゃったみたいで、やってくれる人はあらわれず。


「あなたやりなさいよ」とみんなで言い合いっこが続き、「みんな恥ずかしがってやらないから、あなたがやってみせて!」ということで、結局私がやることになりました。


歯ブラシも新しいの買って用意したのにねぇ。


ま、こうなるだろうとは思ったから、朝歯を磨かずに行き、その状態でまず錠剤を噛みました。

当然歯は真っ赤になります。


それを見たときの反応の良さといったらなかったですね。


その後、歯を磨いたのですが、「もうそろそろ赤いのとれたんじゃない?」と言われ、磨き途中で口をゆすぐと、まだ歯が赤い。


「まだ赤いの?」と、またびっくりしてました。



しっかり歯を磨かないと磨き残しがあるよってこと、わかってもらえたようです。




錠剤は4つ持ってきていたので、家でやってみたいって言う人にあとはあげました。

本当にやるかなぁ。

でも、やって、結果がどうなったか知りたいところです。





勉強会後、

「今日はこれで終わり?」

「来週の火曜日、また勉強会をするの?」

と聞かれました。

そんな答えが返ってくるとは思っていなかったので、「じゃ、どんなことが知りたい?」と聞いたら、

「重症患者の看護ケアが知りたい」と。


具体的に聞いてみたら、

褥瘡について、重症者のシーツ交換、寝衣交換、体位交換、日常ケア…、など。



あ、知りたいのね、そういうこと。





だからって、勉強会をやったことで、すぐ実践されるかっていうと、それはなかなか難しいです。
それはそれ、これはこれってかんじで、なかなかつながらないんですね。


でも、やればみんな興味を持って聴いてくれて、聞くと、あれが知りたいこれが知りたいって言ってくれます。


なんでだろう?って思うと、やっぱり、情報がないんだと思います。


知識を得るための手段(インターネット、本など)も少ないし、それを教える環境も整っていない。

看護学校で教わったとしても、実際に働いてから学ぶことってたくさんあります。
でもここではそれを教えるっていう環境がまだまだ整ってないから、知りたくっても難しい環境ではあるんです。



知りたいって思ったときにすぐ調べられる環境にある日本て本当にすごいと思います。






医療キャラバンをしたときにのアンケートでも、いろいろなことを知りたいっている人もいました。

その人たちのために、知りたいことを紹介できるように、していきたいです。


きっと、それを実践ているのはまだまだ先のことかもしれません。
まず、知るってこと、知りたいって思うことが第一歩なのかなぁって。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-25 02:07 | 派遣2年目 活動のこと | Comments(0)

成長

ブログに貼り付けて育てていた木が、303日目にしてやっと、大人の樹へと成長しました。

d0195041_21525764.png



日記を書いて更新していくと、樹が成長していきます。

で、成長した樹は、実際の森へ苗木を植樹するそうです。


今までにモンゴル、ブルキナファソ、インドネシアに、128,976本植林されています。





更新がぼちぼちだから、最後まで成長するかな、と思ったけど、無事成長して良かったです。



時間はかかるし、ちっちゃいことだけど、環境貢献が日記を書くだけでできるんだから、良いブログバーツだなぁって思います。




私が育てた樹はどこに植えられるのかなぁ。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-20 22:04 | 派遣2年目 日々のできごと | Comments(0)

ころころと

先週は夏が来た!と思ったのに、今週は寒いです。

朝家を出るとき、寒いなぁと思いつつも、仕事終わる昼頃には暑くなるかなぁって思って出かけるのですが、お昼もやっぱり寒い。

ダウン着てもいいくらい。



冬が暖かかったから?すんなり夏にはならないのかな。


ま、いいけど。

夏は暑いから。




天気がころころ変わるように、新しく再開する予定の心外病棟の状況もころころ変わっています。


血管外科の病棟と一緒になるために、物をそっちに移動したり、手術室を作ったり、なんだりで、4月いっぱいやすみ、というのが当初の予定でした。



先週、院内で働いている心外病棟の同僚を見かけ、
「1か月休みって言ってたけど、私来週から出てくるよ。今ね、荷物を全部新しいとこに運んでるの」と。


最近会った別の同僚も
「私、21日から出てくるから、また一緒に働こうね」と。




今日、またその同僚を見かけました。
そしたら、
「5月も1か月お休みみたい。私たち6月から仕事に来るわ」と。


その後、師長さんにも会いました。
「病棟は6月からかなぁ。手術室はできたんだけどね。まだ患者さんがいないよ」と。

師長さんはちなみに今どこで働いてるんですか?

と聞いたけど、まだやっぱり試験みたいのを受けるだかなんだかで、はっきりしていないみたいです。



看護部長さんは全然、状況を知らないみたいなので、はっきり言って、詳しいことはよくわからりません。





ふどほふらさです。




あぁ、ふどいみぃ。。








いいけどね、循環器の病棟で毎日せっせと働いているから。

こきつかわれるのも板についてきて、忙しい日々を過ごすのもいいなぁと思ったりしてます。


ICUって、いちばん、日常生活援助が必要な人がいるわけで、てことは、ケアすることもたくさんあるから、患者さんのそばでそんなことをしているのがやっぱり楽しい。




でも、一時だけだからここで何かしようとあんまりかんがえてなくって、ただただ働いているだけだから、その期間がいたずらに長くなるのもどうなのかしら、と思ったり。

むくむくと、ここでもやりたいことがでてきてしまいそうで。





けど、来週勉強会をすることになりました。

先週院内でやったセミナー。
ここの人たち、全然来れなかったから、やってほしい、ということで。




今日朝のカンファレンスでまたその告知をみんなにしていました。


そしたらそれを聞いてた1人の医師が

「何の勉強会をするんだ?」と。


「歯磨きの必要性についてです」と答えると、


「俺磨かないからなぁ」と。



そんなあなたに、磨いてもらいたいための勉強会です。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-20 01:36 | 派遣2年目 活動のこと | Comments(0)

ちゃんら

先週、同僚のお姉ちゃんの結婚式があったのですが、医療セミナー習慣だったため、行けませんでした。

そしたら「ちゃんらにおいで。」と。



平日で仕事があったからその後でもいい?と聞いたら


「大丈夫。仕事が終わったらうちにおいで」と言われたので、行ってみることにしました。





ウズの結婚式は、日本と違って1週間近くあります。
式の前後でいろいろあるのです。



でもはて、ちゃんらって?




家においでって言うから、家で何かするのかな?


とくに深く考えていなくって、しかも仕事があったから、仕事後電話をすると、仕事場の近くにカフェがあるから、そこで待っていて、と。

待っていたら、中から出てきた同僚。



中へ入ったら、そこはカフェじゃなくって、式当日の披露宴と変わらない規模のレストランでした。






時間になり、新婦登場。

ウエディングドレスではなくて、キレイめな洋服で。


その後、新郎も登場。
でも、新婦とは離れたところに座りました。

しかも、端っこと端っこ。




主役は新婦側、それも女の人で、新郎側の席はひとテーブルで、友達だけでした。


その後、新婦のお色直しが何回かあって、アトラスを使った衣装にも何回か着替えて、踊ってました。





両親や親戚、職場の人が挨拶をし、みんなで踊るっているのはいつもと変わりません。


最後は、新婦とお父さんが一緒に踊って、家族で踊ってました。





ちゃんらって何?って聞いたら、

結婚式の3日目のイベントで、家を出て、両親が恋しくなったころに行うので、その式では、両親に挨拶して、お互い泣いちゃうのよ、と言ってました。

実際、みんなに挨拶しながら、めっちゃかなしそうな表情してましたが、泣く、まではいってなかったかな。


あとは、いろんな人にあいさつするため、と言ってましたが、結婚式当日と変わらない気がしました。








ウズ人が集まると、結婚式に限らず、踊りが始まります。

音楽がかかれば、踊ることはセットって感じですね。
勝手に体が動き出す…みたいな。



私は日本ではまったくもって踊ったことはなかったのですが、ここに来て、特に結婚式では、最初はいやだったけど、そのうち踊るのが楽しくなってきました。
といっても上手に踊れるわけではないですがね。

なので、こういうところで、ウズ人から誘われれば、踊るようになりました。

考えれないですね、日本では。


でも、ウズの結婚式は、踊るから楽しいような気がします。

ただずっと座っているだけでは、あの爆音に耐えられないと思います。



今回もいつもと同じように誘われたのですが、あまりに考えずにラフな格好できてしまったので、今日はやめときました。

カメラも忘れたしね。


ちゃんらってものが何か、ちゃんと聞いておけばよかったっけ。






といっても、日本帰ったら、絶対、踊らないけどね。

ここにいるからなんだろうなぁ、って思います。



日本の凝った結婚式も感動的で好きですが、ウズの、みんながたのしく踊って参加する結婚式も良いと思います。



ここに来て、変わったことがあるとしたら、踊るようになったことも、その一つですかね。
ウズ限定ですが。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-17 01:46 | 派遣2年目 日々のできごと | Comments(0)

今週振り返って

今週辺りから、日差しが強くなり、春も終わり、3度目の夏が近づいてきています。


なのに、花粉症は相変わらずで、うちに泊まる人たちみんなから、「息苦しそうだったけど、眠れた?」と心配されています。

本人は気持ちよく眠ってるんですけどね。

鼻づまりから、苦しそうにいびきかいてるみたい。

はずかしい・・・。







木曜、3日間にわたる医療キャラバンが終わり、昨日今日と一緒にキャラバンをやってきた隊員がそれぞれの家へと帰っていきました。



今、久しぶりに1人。




先週末のフェルガナのことを更新しました。


医療キャラバンの写真撮影は、今回同期カメラマンに全部任せ、自分でへあ全くとらなかったので、データをもらったらまた更新したいと思います。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-14 21:58 | 派遣2年目 日々のできごと | Comments(0)
今日自分の配属先でセミナーをしてきました。


もっと緊張するかと思ったけど、しゃべりはじめたら案外大丈夫でした。


1年前の同じくらいの時期に、同じくらいの人たちの前でしゃべったときは、すっごく緊張して、うまく話せなかったことを思い出しました。


あれから少しは語学もできるようになったから?あのときよりはうまく話せた気がします。


去年のあの時はひとりだったけど、今回は7人の隊員とともにのセミナー。
だから、緊張が少なくてすんだのかもしれません。




とにかく無事終わってよかったです。



このメンバーでできて、本当によかったです。




ありがとう。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-12 05:23 | 派遣2年目 活動のこと | Comments(0)
先週末から毎日もりだくさんで、気づけばブログも書かずに1日が終わっています。


先週末は、同期隊員Rくんのところに行ってきました。
Rくん主催のサッカー大会の応援のために。

ここまで来るのにはいろいろ大変なことがあったみたいだけど、あんなにたくさんの人が応援に来て、サッカーをする人も、応援する人も、みんな良い顔してました。



Rくんが企画しなかったら、なかったこの大会。
本当に良かったです。



次の週に自分たちのセミナーが控えていたので、とっても良い刺激になりました。


Rくん、おつかれさまでした。
いい大会を見せてもらって、ありがとう。





今週月曜からは、今まで準備してきた医療キャラバンがついに始まりました。

月曜は準備をし、翌日の打ち合わせ


火曜はSちゃんの配属先病院で歯磨きについてのセミナーといか踊りをして、ドゥタールを弾いてきました。
初めての医療キャラバンで、トップバッターのSちゃん、私はとなりでパワーポイントのスライド操作をしていたのですが、緊張が伝わってきました。

1番最初で、とっても大変だったと思います。
でも、とっても大盛況で終えることができました。


Sちゃん、おつかれさまでした。



水曜の今日は同期Aちゃんの配属先病院で、手洗いについてのセミナーをしてきました。
会場が小さかったため、踊りや演奏はできませんでしたが、こじんまりとしていたため、みんなの反応が間近に感じることだ出来ました。

手洗いチェックの機械を使っての実演では、思った以上の良い反応を得ることができ、とっても楽しいセミナーでした。


Aちゃん、おつかれさまでした。





そしてついに明日は私の配属先にて、歯磨きのセミナー。

会場が一番広く、120人は入れるところなので、セミナー以外に、ソーラン節、いか踊り、ドゥタール演奏、日本の医療や看護紹介などを行います。


緊張するけど、今回のセミナーは一人じゃないから、そう思うと安心するところもあります。
今まで一緒にやってきた医療隊員5人のほかに3人隊員が来てくれます。

とってもとっても頼もしい



このメンバーでやることができて本当に良かったなぁって、思います。

ありがたいです。




よし、頑張ろう!!









先週末からの様子は、言いたいことがたっくさんあるので、1週間終わったら、どんな様子だったかを書きたいと思います。





1枚だけ写真を紹介
d0195041_4424331.jpg

この写真をとったのは私じゃなくって、同期のKくん。
彼もまた良い写真をとるんです。

サッカー大会から、医療キャラバンまで、彼が写真を撮ってくれています。
すてきな写真が本当にいっぱい。
なので、写真も一緒に更新していきたいと思います。
[PR]
by woody_bullseye | 2013-04-11 04:47 | 派遣2年目 活動のこと | Comments(0)