約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

やっぱり

自分でも笑ってしまうくらいおかしなアレルギー。


以前にも書いたことがあるのですが、私はウズで馬アレルギーを発症しました。


一回目はキルギスで。
1時間ほど馬に乗ってたら、くしゃみ鼻水が止まらなくなりました。
でもその時は、寒かったし、風邪引いたのかな、くらいに思ってました。


二回目はウズのタシケントで。
サーカスを観に行った時でした。いろんな動物が出て来たのですが、馬が八頭でてきて、くるくる回るっているのを見ていたら、咳が出てきました。そのうち息がひゅうひゅうぜいぜいしてきて、まるで喘息発作のようでした。
馬のあと、休憩に入ったので、馬から離れ、しばらくしたら落ち着きました。

その時思い出したのはキルギスのこと。
もしかして、私、馬アレルギー??




三回目は日本に帰ってきてから。
アレルギーのことはすっかり忘れて旅をしてました。同期のAちゃんを訪ね、帯広に行きました。
帯広にある有名なばんえい競馬へ。
行く前、Aちゃんから、「ななちゃん、馬アレルギーじゃなかったっけ?大丈夫?」と言われました。

「大丈夫、ここ日本だし^ ^たまたまよ、あれは」と答えた私。


そして挑んだ競馬。

馬が走ってるすぐ横で一緒に走りながら応援しました。


1レース終了。


その後、時間的にあまり余裕がなかったので、2レースめのパドックまで見て終わりました。


戻る途中、くしゃみが出てきました。そのうち、目も痒くなって…



馬アレルギー、認めざるを得なくなりました。






そして、いろいろな出会いやきっかけがあって住み始めたこの街で有名なのは、野馬追、という、馬が300とか400頭出てくる伝統のお祭り。


楽しそう!!と思ったけど、そこで頭をよぎったのは、でも私、アレルギーじゃん!!!



よりによってなぜ馬なんだろう…




普通なら、馬と接する機会ってそんなにないから、そんなアレルギーがあったところでべつに心配する必要はないのですが、私はなぜか馬と縁があるみたい。





ここでできたお友だちが、野馬追に出るため、今馬の世話をしています。



馬に乗せてくれる、というわけで、馬がいるところに連れてってもらいました。


初日は馬に乗らず、えさをあげたり、馬を世話してる様子を見せてもらいました。



万が一、発作が起きでもしたら困るので、アレルギーの薬を飲んで行きました。


でも、次第に咳が出てきました。

止まりません。


そのうちくしゃみも。


鼻が詰まりました。




あぁやっぱり。




でも、薬を飲んでいたおかげで、症状は軽くすみました。




それでもこりない私。


だって、アレルギーだけど、馬が好きだから。



というわけで、今回は薬に加えてマスクもしてきました。



念願の、馬に乗ることもできました。
d0195041_10504314.jpg



マスク効果絶大^ ^


花粉症と一緒ですね。




でもお祭りの時にマスク、したくないなぁ
[PR]
by woody_bullseye | 2014-06-26 22:21 | Comments(0)

メフモン

雨の降らない日が久しぶりに3日も続いています。

昼間の日差しは強いけど、吹く風は涼しく、部屋も窓を開けておけば、過ごしやすいです。





窓を開けていても、虫が入ってこない。


日本では当たり前のこと。


でも、ウズで住んでたアパートの部屋の窓は、網戸がありませんでした。

大家さんに言ったら、ネットのようなものを持って来て、窓枠に画鋲でつけただけ。隙間だらけ。
しかも、いくつか窓はあるのに、やってくれたのは、ひとつだけ。

夏の大敵、蚊が入りまくりでした。



網戸がちゃんとあるだけで、こんなに違うのねー、と、網戸の凄さに感動する今日このごろです。




そんな週末、前にもお世話になった仮設住宅でイベントがあるということで、行って来ました。

あいにく仕事だったので、夕方からの参加。

というか、カレーをご馳走になっただけというか…



いつも行くたび、ご馳走をいただいて、この日も美味しいカレーライス、カレーうどんをいただきました。


いつもありがとうございます。

カレーとともに、いろんな方とお話することができました。




翌日、仮設住宅に住む、あるお母さんが、「FAXのインクを変えたいんだけどうまくいかないんだ。お父さんもう仕事に行っちゃっていなくって。ちょっとやってくれる?」と。

一緒にイベントに参加した子と、そのお宅へ。



あれこれしながらなんとか交換。


その後、

「ちょっとお茶飲んでかない?」と。


話に花が咲いて、いろんなお話を聴きました。


行ったのが朝。


まだ朝食べてないでしょ?と、味噌漬けの漬物を混ぜたおにぎりを作ってくれました。

大きなおにぎりに、海苔は一つにつき一枚。


美味しくいただきました^ ^





午後、他の仮設住宅にもお邪魔させていただきました。


初めて行くところ。

少しどきどきしながら、お会いする予定の方の家の近くまで行くと、ちょうど散歩から帰ってきた旦那さんとばったり。



そしてここでも、お話好きなご夫婦から、いろんなお話を聴かせていただきました。


時間が過ぎるのはあっという間でした。



息子が作ってるの、と、たくさんのきゅうりに、野馬追のタオル、お菓子、大きな野馬追のポスター…

たくさんお土産をいただきました。


野馬追までに実家に帰ることがあれば、何処か目立つところに、これを貼りたいなぁ。



時間を忘れて、お茶飲みながらおしゃべりして…




なんかウズで、メフモンに行った時みたいでした。







充実の週末でした。
[PR]
by woody_bullseye | 2014-06-15 22:09 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)