約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

方言

静岡は方言が多いです。

標準語かと思いきや、方言だらけです。

私、それは知ってました。


でも、ウズへ行き、他の県の隊員と知り合って、私が標準語だと思っていた言葉が方言だと気づいてびっくりした言葉がありました。



とくに驚いたのはこの二つ。



「いいにする」

実家帰って、家族に、友だちに話すと、まさか!?これが方言??とびっくりする反応が、面白かったです。
標準語にしたら、良しとする、になるのだろうか。でも、良しとする、じゃしっくりこないんだよねぇ。
なんか、違うんだよねぇ。

よしとする、じゃしっくりこないけど、他にないし、いいにするか…、みたいな感じで使います。



もうひとつは、

「あたしっち」

標準語だとこれ、私のうち、ですよね。
その意味もあるけど、方言だと、私達、という意味もあるんです。


カレンダーに、先輩隊員が帰国する日付のところに、私、「〇〇ちゃんち帰国」って書いてたんです。
そしたらそれを見た他の隊員が「この、ち、て何?」と。


何って…。


もしやこれは、方言ですか??


びっくりしました。



私の家も、あたしっち
私達も、あたしっち

なので、私達の家、になると、あたしっちっち、になる。たしか。
最近あまり使わないのでわからないけど。





そんな感じで静岡もけっこう方言だらけなのですが、今のところも、また方言が多いです。


アクセントも違いますね。




ちょっと面白かったのが、



ものもらいがひどくて、眼帯をしているスタッフがいました。



「私、これはずしたら、めくせーの」と。



ものもらいで目が臭くなるのかなぁ、でもひどいって言ってたから、


「目、臭いんですか?」って聞いたら、爆笑されました。



めくせー、は、めくさい→めんくさい→面くさい→顔がブサイクってことらしいです。





ウズも大概方言だらけで、最初は何言ってるのかわからなくて、聴き取るのに苦労したけど、わかるようになったら、方言いつの間にかうつっていました。


今度もそうなるかなぁ。


早く自然にここの言葉が出てくるくらいに、なりたいなぁ。
[PR]
# by woody_bullseye | 2014-05-11 18:03 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)

新しい生活。

職場も新しいところだけど、生活する場所も新しいところ。


新しい土地は、良いところです。


ここに就職を決めたとき、この病院で働きたいと思えるような人に出逢ったこともそうだけど、ここの人たちの温かい優しさにふれ、ここに住みたいとも思ったんです。


住みたいと思える場所、働きたいと思える職場、同時に見つけることができて、ラッキーです、私。



静岡と同じようにのんびりした感じだけど、田舎な感じだけど、同じ田舎でも、土地が変われば、いろいろ違うんですね。




まず景色。

山も田んぼもあるけど、田んぼの一反がとっても大きくて、山は、うちの実家のように迫るように近くにはない。

平地も多いから広々してるんです。


同じような野菜がとれるけど、見たことないのもありました。

近くに農協があって、地元の野菜がたくさん並んでいて、面白いです。

うるい、という野菜。
茹でたらちょっとぬるっとしてて、ぬるぬるな食べ物が好きな私には嬉しい野菜でした。
で、今日もあるかなぁ、と思って行ったらなくって…。残念でした。


ただ、山でとれるもの、山菜類は、まだ線量が多いそうで。

いつかね、また食べれるようになったらいいなぁ。




魚も、静岡とはまた違うものがおいてありました。


食べてみたのは、ほや。

さばき方がわからないので、お店の人にやってもらいました。


と、昨日はほうぼうって魚の刺身を食べました。

歯ごたえがあっておいしかったです。




のどかなところだけど、チャリで行ける範囲に、生活に必要なものはそろっていて、新居も快適だし、今のところ、言うことないです。


静岡に比べてまだ暑くないので、歩いたり、自転車でどっか散策するのに良い季節です。



良い季節に引っ越しができました。
[PR]
# by woody_bullseye | 2014-05-11 17:46 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)

新しい職場。

連休中に引っ越しを済ませ、連休明けから病院で働きはじめました。

今まで自分が働いたことのない分野、久しぶりの一般病棟、病院のシステムなど、前の病院とはそりゃ違うし、初めてだらけ。

でも、みなさんとっても優しくしてくれて。


自分が一体何がどこまでできるのか、さっぱりなかんじで過ぎていった3日間。

でも、3日たってみれば、自分がこんなにもできないのかぁ、とひしひし感じた3日間。




ただ、やっと患者さんとふれあえて、ケアすることができるのは、やっぱり嬉しい。


疲れる毎日だけど、良い疲れです。


毎日勉強です。




しばらく日勤続きで、ずっとぐうたら生活だった自分は体力がもつか?というところだけど、まわりの皆さんに支えられて、なんとかやっていけそうです。
[PR]
# by woody_bullseye | 2014-05-11 17:35 | 帰国後 仕事のこと | Comments(0)

ドゥッピくさっっ!!

ウズのおじいちゃんたちが長年愛用のドゥッピがくさい、という話ではなくて(洗ってなさそうだし、臭うのかもしれないけど)、臭ったのは私のドゥッピ、という話。



昨日、友達のすすめで、以前よく行っていたライブハウスで、ドゥタールを弾いてきました。


ライブハウスで、というとすごーーい!となるのかもしれませんが、違うんです。


ここは、月曜日はチャレンジデーというのがありまして、1080円払えば、ドリンクとCD録音付きで、30分、自由に演奏することができるんです。



その日私のほかに、4人のアーティストさんがいました。


私は3人目。

このお話を提案してくれた友達ともう一人友達がくる以外は、知り合いがくるわけではないし、そんなに大きなライブでもないから、気楽にやればいいのかもしれないけど、お客さんとしてずっと行っていたところで、まさか自分があっちのステージで弾くことになるなんて、思ってもいなかったから、


この日が決まって、この日になるまで、何を弾こうか、何をしゃべったらいいのか…、考えると緊張…、の日々でした。


帰国後、ドゥタールを弾く機会は何度かあったけど、話がメインだったり、何人かで弾いたりしていたので、1人で弾く、しかも弾くのがメインなんて、ねぇ。



でも、今にして思ったら、弾いてみよう、と思えた自分に一番びっくりというか。

だって、ウズに行く前は、こんな人前でなんかする自分なんて、ありえなかったから。



人って、変わるもんですねぇ。






そうこうしてるうちに当日になり、リハーサルなんてものをして、本番。



いつもながら、しゃべりだせば長い私。


ウズの話をし始めると、終わらない私。


でも、本番に弱い私は、よく間違えること間違えること…



せっかく聴いてくれた人に、そりゃないだろうというくらい間違えました。。


facebookに投稿していい?と言われ、良いよーと軽く答えたら、写真じゃなくて動画で、ぎゃぁ!って感じでした。




それでも、友だち2人とも、初めて耳にするドゥタールの音色に感激してくれたようで、とっても嬉しかったです。


私にとっては聴きなれた音色でも、初めて聴く人にとってはこんな感じなんだなぁ、と新鮮でした。
そういえば、私がウズに行く前、日本で最初に、あのオパの演奏を聴いた時は、感動したっけなぁ。


ドゥタールって2弦しかないのに、いろんな音の表現方法があって、とっても面白い。

任期中、もっと真面目にやってたらよかったなぁ、なんて今更ちょっと後悔。






あ、そうそう、ドゥッピの話を忘れてました。




その日は、調子に乗って、いつものドゥタール用の衣装に、ドゥッピも被りました。



今までこのドゥッピは、演奏するわずかな時間しか被ったことがなくて、それ以外はその辺に放置して保存(ウズの人に怒られちゃいますね、こんないい加減な保存)していました。



その日も、演奏終了後、被ったのをそのへんに置いて、着替えをして、次のアーティストさんの演奏を聴いていました。



ふと、




なにかが臭いました。



くさい。




でも何が臭ったのかはわからない。


私の足か?靴下か?



そういえばこの匂い、最初に着替えたときもした気がする。。。





臭いの元はわからず、そのまま歌を聴いてました。




でも時々くるこの臭いで、聴くのに集中できない!





と、ふと視界に入ったのは、私のドゥッピ。




まさかと思って臭いを嗅いでみたら・・・




この臭い!くさっっ!!






何の臭い??


羊の臭いか??

私の頭の匂いか??



そういや、このドゥッピって何でできてんだ?






その後、友達にこれを嗅いでもらったら、「くさいというか、なんだろね、なんかにおうね」と。






ウズではまったく気にならなかったのに。


その日はあいにくの雨。

ってことは湿気多。





ウズで買った絨毯、湿気の多い梅雨時に一時帰国で持って帰ったとき、スーツケースを開け、絨毯が入っている袋を開けた瞬間、速攻閉じたときのことを思い出しました。


羊の毛でできているのですが、ウズは湿気がないから臭いがまったく気にならないんです。
でも、日本は湿気が多いから、臭うんですねぇ、羊臭。




ウズから持ち帰ったものを部屋中にならべて荷物の整理をしているとき、姉からは「この部屋は異国の匂いがする」って言われたこともあったし…。





というわけで、本当はライブの話だけしようと思ったけど、この臭いが衝撃的だったので、タイトルもあんなんになってしまいました。
しかも、自分臭いわ、みたいな感じだし、これ。でも、でも書かずにはいられなかったので…。





ドゥッピ、洗うわけにもいかないから、ファブリーズをかけまくって、今天日干し中です。





いや、洗ってもいいのかなぁ。


ドゥッピの保存方法?ってどうするのが良いんだろう…。
[PR]
# by woody_bullseye | 2014-04-23 00:48 | 帰国後 日々のできごと | Comments(4)

いつまで書こうか。

日本に帰ってきて、早3か月。




帰国するまで、

次の進路が決まるまで、

あるいはその後も継続…


隊員でブログを書いている人は、いつまで書き続けるのか…?



私が読んでいる人は、帰国してからは書いていない人が多いです。





さて、私はいつまで書こうかな。。



次の進路が決まるまでは、いろいろ心境の変化もあるだろうし、書こうかなと思っていたけど、まだ決まっただけで動き出していないし、働きだしてから、またいろいろありそうな気もするので、とくに終わりは決めずに書こうかなぁ、と決めました。



ふつうに日記でも書けば…、と何回も思って書いたけど、1冊終わるまで書けたこと、1回もなかったんです。
でも、ブログは駒ヶ根入るちょっと前から始めたから、早3年はたってるんですよね。


ということで、なんともだらだらな感じですが、今までもそんな感じだったんで、これからも、ぼちぼち気ままに書いていこうと思っています。



次のこともまだ全然書いてないしね。



書こうと思うんだけど、実際に働かないと実感がわかないので、なんとなく書く気になれず・・・

働き始めてから書こうと思います。



ちなみに、来月連休明けから働きます。
[PR]
# by woody_bullseye | 2014-04-23 00:05 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)