約2年半、ウズベキスタンの病院で活動後、いろんな出逢いがあり、現在福島に住んでいます。気づけば一児の母に。娘との毎日を充実したものにさせてくれた『おむつなし育児』と『さらしおんぶ』についてぼちぼち書いています。


by насиба
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:ドゥタール ( 5 ) タグの人気記事

岐阜でウズ祭り。

先週末、岐阜へ行ってきました。

岐阜には、同期隊員Hさんが住んでいて、彼は高校の先生をしています。


まずは、彼の働く高校の定時制の生徒さんたちに、お話をしました。

1年生から4年生までの全員、100人弱の生徒さんたちに。


あらかじめ言われたのは、協力隊に参加しようと思ったきっかけから、活動中に感じたこと、今後の進路について、など。

いやぁ、難しかったです。

15分くらいで伝えたいことを伝えるには、ちゃんと自分の頭が整理できてないと、だめですねぇ。
自分の頭の中がまだ整理できてないってことがよくわかりました。


それでも、みんな静かに聞いてくれて、ありがとうございました。



翌日、岐阜のとある古民家で、ウズベキスタンの紹介をするためのイベントを行いました。

まずは、ウズで隊員それぞれが買ってきたお土産や頂いたもの、そして、撮った写真を展示。
夜には、ドゥタールを習った隊員が集まり、演奏会をしました。合間合間に、ウズの結婚式や料理、音楽、伝統工芸…、なども紹介。


展示物については、古民家がとっても素敵で、展示物たちがとても素敵に見えました。
みんなが持ち寄ると、こんなに集って、まるで博物館のようでもありました。
d0195041_22412204.jpg
d0195041_22412253.jpg
d0195041_22412288.jpg
d0195041_22412266.jpg
d0195041_22412253.jpg

d0195041_22412283.jpg
d0195041_22412206.jpg
d0195041_22412262.jpg
d0195041_22412250.jpg
d0195041_22490108.jpg
d0195041_22480880.jpg
d0195041_22480827.jpg
写真は、カメラ好きの同期がとったものが多く、引き伸ばすとまたキレイに見えました。
引き伸ばした時に、また一眼の良さがわかりますね。


そして夜はドゥタール

皆、違う地域から来ているので、前練習はあまりなく、ちょっとぐだぐだなところもありましたが、お客さんはみなさん最後まで聴いてくれ、うれしかったです。

人に聴かせられるためには、もっと練習しなくっちゃ、ですね。


その後、来てくれたお客さんと夕食。
いろんな職種の方が来ていて、話がはずみました。



初日も次の日も、Hさんのお家でみんなでお泊り。
前に帰国された先輩隊員と会うのは本当に久しぶりで、懐かしくて、とっても楽しい時間でした。







[PR]
by woody_bullseye | 2014-02-05 23:05 | 帰国後 日々のできごと | Comments(0)

ドゥタールのコンサート

先週の火曜日、ドゥタールのコンサートがありました。

習っている生徒が帰国する前にコンサートをしてくれて、今回は私が帰るから、ということで。
ありがとう、オパ。


私たち日本人の生徒以外には、オパがコンセルバトーレという音楽の学校で教えている生徒さん、オパのかつての教え子で、今はプロとして働いている人たちが演奏しました。

これは、ドゥタールよりも高い音がでる、…名前忘れました。
ピアノと一緒に演奏していて、マンドリンみたいでした。

楽器自体はドゥタールよりちっちゃくてかわいくて、音はキレイ。
これも習ってみたい!と一瞬思ってしまいました。


その後、私たちの演奏。
ヤンラマヨーレン…これは歌もあります。SVさんが歌いながら踊ってくれました。一緒に歌いながら弾くのは楽しいです。
ドゥターリム(ドゥタール、じゃなくてリムついてるから、私のドゥタールってことかなぁ)
ディルノーズ(よくある人の名前)
タバッスム(笑顔)…オパの生徒さんたちと一緒に弾きました。
アイボン(家の中のアイボンって場所で、お互いすっごく好きなのになかなか好きと言えない、近づけない、みたいなお話の曲)…これも歌があり、生徒さんが歌ってくれました。曲調がちょっとせつない感じ。
アンディジャンポルカ…踊りがありのウズ定番の曲。ドイラも入って、弾いててこれも楽しかったです。
チットマック…弾ける人が少ないので、オパともう一人の生徒さんと一緒に。これはだんだん早くなるから、無我夢中で、必死で弾いてました。チットていうのが、はじく、みたいな意味で、この曲は、ふつうに弾くのと、ドゥタールの本体を指ではじいて音を出すところもあるから、こんなタイトルなんだそうです。




私の日記に良く出てくる、マムラも聴きに来てくれて、楽しんでくれたようで良かったです。
去年は両親の許可が出なくって来れなくったんだけど、今回は許可がおりたって。
いつものように、時間がけっこうおしてしまったので、終わって急ぎ足で帰っていきました。

マムラに限らず、たくさんの人に来ていただいて、ありがとうございました。

良い記念になりました。

オパ、ありがとう。

d0195041_15122757.jpg


[PR]
by woody_bullseye | 2013-12-24 03:03 | 派遣3年目 日々のできごと | Comments(0)

ドゥタール営業。

帰国が迫ってきているからか、年末だからか、毎日活動以外にも何かしらしながら、あっという間に時が過ぎていっています。
今日も気づいたらもう日曜日。


そして最近はドゥタールを弾く機会が多い。

昨日は、またテレビ取材の中で、ドゥタールを弾いてきました。
d0195041_15153014.jpg

一番の主旨は、日本人のお宅で、日本料理を紹介、らしく、手巻き寿司とすき焼きの紹介を日本人のお宅でしました。
私もそこからお邪魔して、ちゃっかりいただいてきました。


寿司とすき焼きなんて組み合わせ、日本でも贅沢すぎるものを、まさかのウズで。
d0195041_15153041.jpg

でも、テレビ取材、やっぱりウズペースで、予定時刻より遅く来て、撮影も段取りが悪く(テレビ取材なんて日本で受けたことがないから、普通がどんなもんなのかわからないけど)、昼前から来て料理の準備をしていたけど、ずっとお預け状態で、お腹が空きすぎてしましまいした(笑)
あんなに予定通りに行かないと、もう逆に面白くなってきちゃいました。



ドゥタールと料理紹介のほかには、インタビュー。
私のほかに、日本人が4人いて、ウズと日本の似ているとこや違うところ、海外で生活して大変だったこと、趣味は何か、年末年始の過ごし方、ウズの面白いところ…など。
いきなりの質問だったので、良い答えが出てきませんでした。こういうのって、あとから出てくるんだよね。

最後は、来年の抱負。
いや、そこまで??

来年、1月には帰るので、帰ったら、日本の人たちみんなにウズのことを紹介したい、と言ってみました。
抱負とは違うかもしれないけど、これは本当に帰ったらそうしたいな、と思うこと。


ウズでこんなに日本人を取材してくれるから、日本でも、ウズのこと、紹介したいなぁって思います。



明後日は、ドゥタールのコンサート。
帰国隊員がいるといつも先生が弾く機会を作ってくれるのです。

そのコンサートにも、昨日のテレビ取材の人たちが来るらしい。
d0195041_15153001.jpg






[PR]
by woody_bullseye | 2013-12-15 23:01 | 派遣3年目 日々のできごと | Comments(0)

歌と踊り。

今日は午前中、ちょこっと病棟に行って、週末で作成した資料を先生に見てもらいました。

OK!ってことで、病棟のスタッフたちに、明日やりますよー、と声かけてきました。

ふどほふらさ、明日開催です。



なぜ今日は午前中だけだったかというと、ドゥタールを弾きに行ってきました。

障害者の方達のお祭りがあり、そこで。


去年は大勢いたけど、今年弾いたのは2人だけ。

2人しかいないと、間違いがごまかされない…。

ので、いつもいかに自分が適当に弾いているかを実感。。


やっぱり、本番に弱すぎる私は、かなり間違えてしまったけれども、最後のアンディジャンポルカ(ウズで定番曲)は、前に出て踊ってくれた人もいて、踊ってくれる人がいたおかげで盛り上がりました。

私自身も、踊ってくれると弾くのも楽しくって、テンションが上がりました。
つくづく、ウズは歌と踊りはセットなんだなぁって感じました。


[PR]
by woody_bullseye | 2013-12-10 02:57 | 派遣3年目 日々のできごと | Comments(0)

テレビ取材。

この2年半で、何回か取材を受けることがありました。

活動先や旅先で…。

これがまた、ウズのテレビ番組はとっても平和なので、こんな私でも簡単に映ってしまうんです。


少し前は、旅先のお祭りで受けた取材の写真が、博物館?的なところに貼られていたことがあり、びっくり。
ウズの友達から聞いて、その子がそこにいたこともびっくりだけど、気になって見に行ったら、まさかの私1人だけのドアップという…。



一番最近は、ここへ来てから習っているドゥタールの先生の取材に、日本人で習っている私たちを連れて、一緒に取材を受けてきました。

まずは先生がインタビューを受けて、その後私たちが順にウズ語で答えて、終了後はみんなで何曲か弾きました。


でもうちにはテレビがあっても、お金払ってないから見れなくて(最初は払ってたんだけど、あんまり見ないし、払うのをやめてしまって)、見てなかったんです。


そしたら、先週もやったのに、今週も放送されたようで。

病棟のスタッフが何人か目撃したそうです。
でも自分は見てないから、どれだけ映ったのかもわからないし、それをみんなに話すから、恥ずかしかったぁ。。

みんなの話によると、私が話してて、アンディジャンポルカ(これ、ドイラの子と2人だったし)もヤンラマヨーレンも弾いてたと…



で、昨日のドゥタールのレッスンの時、テレビの様子をDVDにしたのを先生が持ってきてくれました。


見てみたら、10分もありました。



名字がXAJVARAになってたのは、ちょっとウケたけど(笑)

キリル文字で書くと Хагивара
ラテン文字て書くと Hagiwara

完全に混ざった感じですね、これは。




これが1日3回で、2日もやったとは…

やっぱり恥ずかしいです。






[PR]
by woody_bullseye | 2013-11-30 02:39 | 派遣3年目 日々のできごと | Comments(0)